HOME>アーカイブ>住まいの計画には業者の支援がポイントになっている

取得してからのその後

ビルの模型とお札

枚方で不動産を取得するにしても、注文住宅と建売の場合では多少異なる部分もありますが、引き渡しという行事があります。建売の一戸建ての場合、建築士の立ち合い検査を依頼して建物に不備がないのかを確認します。ちなみに、建物には10年保障、内装には2年保障があります。不動産取得後には、手続き・届け出が必要な事柄が沢山ありますから、代行サービス、住基カード、WEBなどを賢く利用するのがいいでしょう。また、取得だけでなく不動産は買い替えも可能で、基本は売る方が先になります。というのは、先に不動産を買うと二重ローンになる問題があるためです。売るときは不動産会社との契約も専任ではなく、一般で3社から5社と契約するものです。

広く情報を拡散

住宅模型

枚方の不動産、諸事情によって売ることもあるでしょう。買い替えでは専任契約でなく、一般契約に注目が集まっています。不動産会社は専任契約を取りたがるのですが、1社の宣伝力はどうしたって限りがあります。個人としては、物件情報はできるだけ幅広く露出させるのが効果的、取得した不動産が売れ残ったり、売れないリスクを回避できます。ですから、一般契約に注目度が高く、大手と枚方の地元不動産数社と契約する個人も少なくありません。

保証にも関心がある

住宅模型

枚方では「保証」についての関心が高いようです。個人の不動産とはいっても、投資用マンションや土地、建物まで様々です。不動産会社の買い取り保証を利用したい、そうしたサービスに注目が集まっています。例えば、自宅がいつ売れるか定かではない、買い替えの計画が全然思ったように進まないこともなきにしもあらずです。専任契約で売れなかった場合、査定額の90%ほどで買い取ってくれるシステムです。もちろん、最初から割安な価格で売りに出されては元も子もなさすぎますが、急がない場合は、やや高めで売り出す提案もできます。

広告募集中